分析・試験の総合受託サイト 《アナライズ・ジェイ・ネット》
AjNロゴ AnalyzejNet(アナライズ・ジェイ・ネット)
contact@analyzejnet.com
トップページ AnalyzejNetとは 分析・試験一覧 コラム ご利用案内 お問い合わせ
Home > 分析・試験一覧 > 動物を用いた安全性試験 > 染色体異常試験

染色体異常試験

比較的簡便な短期間の試験で、遺伝毒性やがん原性の有無を予測します。 培養細胞を用いる染色体異常試験は、生体から分離された培養細胞株を用いて、初期DNA損傷、染色体構造異常、形質転換を簡便に評価する試験です。
染色体異常試験
試験内容 この試験では培養細等を用い、被験物質を投与した時、その中の染色体の形態または数に異常がないかを調べ、被験物質の安全性を判定します。
試験規模 チャイニーズハムスターの卵培養細胞を用いて、初期DNA損傷、染色体構造異常、形質転換を簡便に評価する。
参考費用 250万円~
報告日数 試験開始から約3カ月
※非GLP対応での概算費用を掲載しております。
Page Top
利用規約
プライバシーポリシー
サイトマップ